スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


今は、何位かな?

人気blogランキング  人気ブログランキング【ブログの殿堂】  ブログランキング  人気ブログランキング

訪問ありがとうございます!皆さんの役に立つブログを目指してがんばります!




スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-) | [編集]

北に帰れないカモ…カモにもメタボの波

近年、カモの肥満が問題化している。日本で越冬中に丸々と太り、飛ぶ能力やエサを捕る能力が落ちて、繁殖地のシベリアにたどり着けずに死ぬ恐れがあるのだ。動きが鈍く警戒心も薄れて、ネコに食べられるカモも多く見られるようになったといい、東京都は8日、野鳥へのエサやり防止キャンペーンを始めた。
(菊地剛)

 「エサをやる姿は一見ほほえましいですが、実は生態系を壊しています」。都の担当者はこう訴える。

 東京・上野の不忍池には毎年11月ころ、多くの渡り鳥が越冬のために飛来。今年もオナガガモやキンクロハジロなど、約1100羽を確認した。ところが、いとおしむあまり、人がエサを与えてしまうことが問題になっている。

 「パンなどを食べて太り過ぎると、春に北へ帰れなくなるんです」と担当者。カモにも脱メタボが必要とこの日、都の職員12人が不忍池周辺でエサをやっている人に声をかけたり、チラシを配るなどして「野鳥にエサをやらず、自然のまま見守って」と訴えた。

 エサの食べ過ぎがもとで、交雑の問題も起きている。北へ渡るのが遅れ、繁殖時期を日本で迎えてしまったために、土着のカルガモと混ざった渡り鳥も観察されるようになったのだ。

 本来は生息しないはずの鳥も集まっている。訪れていた40代の女性は「ここ数年でユリカモメが増えた。エサを奪おうと、カモを襲っていることも多いです」と心配そうに話す。

 都では来年3月末まで呼びかけを続けるが、「エサやりを楽しみにしている人も多い」とのことで、職員が遠ざかると再びエサをやり始める人もみられた。エサをもらっても、カモは本当のところ困っているのかもしれない。



http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/natnews/science/108660/

カモの世界にもメタボの波が…。

人間の都合だけ考えると、生態系を崩してしまうし。

難しい問題です。

  

レスポ ジョコ レスポ バッチショップサッチェル レスポ クロモススフィアー レスポ ダイアン レスポ モリー  レスポ エフエックス  レスポ バンビーノ  レスポ ドルチェ レスポ マンマミーア レスポ ズッカ5 レスポ パーティーガール レスポ テクノファイル レスポ ベビーバッグ レスポ ベーシック バックパック レスポ スクオーラ レスポ ロータス レスポ ビーチタオル アウトレット 福袋 アディダス 福袋 伊勢丹 福袋 







スポンサーサイト


今は、何位かな?

人気blogランキング  人気ブログランキング【ブログの殿堂】  ブログランキング  人気ブログランキング

訪問ありがとうございます!皆さんの役に立つブログを目指してがんばります!




時事・ニュース | 【2007-12-09(Sun) 20:30:05】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © 流行にっき All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*   

ブログSEO対策:track word  seo track feed

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。