スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


今は、何位かな?

人気blogランキング  人気ブログランキング【ブログの殿堂】  ブログランキング  人気ブログランキング

訪問ありがとうございます!皆さんの役に立つブログを目指してがんばります!




スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-) | [編集]

クリスマスだからこそ「与える」――心に響く話

「クリスマスの贈り物」と聞いてわたしが真っ先に思い出すのは「賢者の贈り物」と「クリスマス・キャロル」だ。

「賢者の贈り物」というのは、貧しい恋人同士がいて、女性は自分の長い髪を売って男の金時計に見合うプラチナの鎖を買い、男は金時計を売って女性の長い髪に合うクシを買い、結局両方の贈り物は役に立たなかったが愛情は深まったという有名な話。

「クリスマス・キャロル」は、ケチな老人が、友人の亡霊と出会い、自分の過去・現在・未来を見せられることにより、物欲や金銭欲に凝り固まった人間がいかに悲惨な最期を遂げるかを知り、改悛し、貧しい人々に大盤振る舞いの施しをするようになる――というもの。

「クリスマス・キャロル」は、日本では驚くほど知名度が低いが、海外ではクリスマス・ストーリーとしてはもっとも有名な物語である。

まあいずれの物語も、施し――クリスマスというと、サンタからプレゼントをもらうことばかりを考えがちだが、これらは逆に


クリスマスだからこそ「与える」


――という利他の発想に立ったものであり、それゆえに多くの人々の共感を得ているのであろう。

さて、今年のクリスマス、ニューヨークのあるショッピングモールで、男性2人連れが100ドル札を配るという「事件」があった。

偽札事件かと警察が駆けつけたところ、紳士二人が確かに本物の現金を配っていたという。

なんでもこの2人は「自分たちは恵まれているので、何か恩返しをしたい」という動機で、毎年毎年、お金が必要と思われる人に100ドル札を渡していたという。

現代にも、こんな話ってあるんですね。






アディダス ボストンバッグ
アディダス メッセンジャーバッグ
アディダス リュック
アトリエサブ バッグ
アトリエサブ ショルダーバッグ
アトリエサブ トートバッグ
アトリエサブ ハンドバッグ
アトリエサブ ブリーフケース
アトリエサブ リクルートバッグ
アナスイ バッグ
アナスイ ハンドバッグ
アニエス バッグ
アニエス ショルダーバッグ
アニエス トートバッグ
アニエス ハンドバッグ
アニエス ポーチ
アニヤ・ハインドマーチ バッグ
アニヤ・ハインドマーチ エコバッグ
アニヤ・ハインドマーチ トートバッグ
アニヤ・ハインドマーチ ポーチ
スポンサーサイト


今は、何位かな?

人気blogランキング  人気ブログランキング【ブログの殿堂】  ブログランキング  人気ブログランキング

訪問ありがとうございます!皆さんの役に立つブログを目指してがんばります!




時事・ニュース | 【2007-12-25(Tue) 14:21:22】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © 流行にっき All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*   

ブログSEO対策:track word  seo track feed

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。